EDが保険適用にならない理由

保険適用にならない理由

EDになった時、まずは医療機関にかかるという人が大半ですよね。
しかし実際に医療機関へ行き、診察代と処方薬代を見てビックリした人もいるはず。
日本でED治療をする際には、保険が適用になりません。
そのため高額治療は免れないのです。
保険が効かない理由は、死に至るような病気ではないから。そのためクリニックや病院では、それぞれの場所によって価格が違います。
今までED治療薬をしてきた、またはこれから治療を始めようと思っている人はかまぐら100を断然オススメします。

EDは保険対象ではない?!

日本人男性の5人に1人は、ED症状に悩まされているといわれています。あなたにもし5人の友達がいるとしたら、そのうちの誰かはEDに悩んでいるといえるのです。
しかし正確な統計がでているにも関わらず、日本の医療機関ではEDの治療は保険適用外。
自由診療とも呼ばれています。
それぞれの違いをチェックしていきましょう。

<保険適用例>
・誰でもかかる可能性がある風邪
・転んでしまったり、交通事故にあったりした後のケガ治療
・体調不良の原因となる病気

<自由診療>
・最先端の治療
・歯科の金合金等
・抗がん剤の治療
・ED治療
・ピルの処方(女性)

ただ、合併症によるEDについては保険適用になるケースもあります。生活習慣病や加齢による男性更年期障害、性器脳損傷や性機能障害といった場合です。

バイアグラよりもかまぐら100を勧める理由

初めてED治療薬を服用する場合には病院をおすすめしますが、何度も必要になるようであれば通販で購入できるかまぐら100が一番です。
その理由は治療費をグッと抑えられるから。
医療機関で取り扱っている治療薬は、各病院やクリニックが価格設定をしているためかなり高額です。
中にはバイアグラ1錠で約2,000円する場所もあるほど。
しかし海外製薬のかまぐら100は、4錠で約2,000円。さらに4錠をそれぞれ半分にカットしてしまえば、コスパよく使えます。
20錠入りのカマグラ100でも、約9,000円で購入できるのでセックスが大好きな男性にはピッタリといえるのです。