アルコールはほどほどにしよう

お酒はほどほどに

「リラックスした状態でセックスに挑みたい」
「薬を飲む前にアルコールで良い雰囲気を作りたい」
狙っている女性やすでに付き合っている女性とセックスをする際には、何回か数をこなさないと緊張してしまいますよね。
大半の人はお互いの気分を盛り上げるために、または自分を落ち着かせるためにアルコールを飲むという手法をとる人もいるはず。
しかし、かまぐら100のようなED治療薬を飲む際にはアルコールとの併用はあまりおすすめできません。
かまぐら100を服用する予定がある日のアルコール量は、2~3杯にとどめておきましょう。

アルコールの量に注意!

そもそも薬を飲むのにアルコールを飲んでもいいのか?という疑問ですが、実はOKなのです。
かまぐらを服用している時、服用前にアルコールを飲んでも問題はありません。食事の影響を受けるといわれているかまぐら100ですが、飲み物は別。
食事の油が問題なので、飲み物まで食事に入るのではないかと心配する必要はないのです。
同時にアルコールも、かまぐら100の効果を阻害するような働きはないことが判明しています。

しかし飲み過ぎると、酔いの回りがかなり早くなることも分かっているのです。薬とアルコールを一緒に飲んでもいいですが、飲み過ぎは注意が必要です。
なぜ酔いの回りが早くなるのか?
それはかまぐら100に配合されている、シルデナフィルの効果が関係しています。
シルデナフィルは体内血管の血行促進をするので、血管が拡張させる効果があり血流がアップします。
血行改善が行なわれている状態でシルデナフィルを服用していると、アルコールが身体に急速に回り始めるのです。
そのため酔いが早く回りやすくなります。

適度な量が理想的

どうしてもアルコールとかまぐら100を摂取したいという人は、適切な量で歯止めをきかすしかありません。
自分で自制をかけることで、酔いを早く回さなくて済みます。
「お酒を飲んだ後に薬を飲めばいいのでは?」と逆の発想もありますが、アルコールとかまぐら100はどちらも血行促進する作用があるのです。
そのためお酒で血行促進している状況でかまぐら100を飲むと、薬の成分が急速に体内中に回り今度は副作用が出やすくなります。
頭痛や鼻づまりのような感覚、顔の火照りといった副作用がアルコールにより酷くなるとセックスどころではないという人もいます。
またアルコールは脳をリラックスさせるため性的興奮も感じづらくなるので、あまりお勧めできません。
適切な量を心がけましょう。